Scissor N3

皮下注射剤 薬物動態シミュレーション装置

 Scissor N3は皮下注射剤を投与後、皮下組織においてどのような挙動を示すかをシミュレートできる装置です。

 皮下組織を模した専用のECMと毛細血管の表皮を模したメンブレンを搭載しており、APIの血中への到達時間の予測を助けます。

 従来からのScissorと比べ、ポジション数がn=1からn=3になったことで、スクリーニング性が向上しました。

 また、in-situ型 UV-VISモニタリングシステム Rainbowとの接続も可能になり、サンプリングすることなくチャンバー内の測定が可能となりました。

製品説明

*再現性の高い皮下組織

 毛細血管の表皮を模した専用のメンブレンのPore sizeは5µmで、血中を模すチャンバー内にはpH7.4の緩衝液(炭酸ナトリウムバッファー)が満たされています。

 チャンバー内のpHが7.4に維持されるよう、CO2ガスにより制御され、温度はヒーターにより34℃に維持されています。

 

*凝集のモニタリング

 皮下組織を模したECMを入れたカートリッジには4点のLEDが照射されます。

 これによりその光の透過率を定量し、投与後の凝集の様子をモニタリングすることが可能です。

 なお、カートリッジはチャンバーの窓から中を見ることが可能ですので、写真で記録することも可能です。

 

*血中濃度の確認

 血中を模したチャンバー内のバッファーはポンプにより常にチューブを循環しています。

 この循環するチューブの途中にサンプリングが出来る部分がありますので、そこからサンプリングを行い、HPLC等で分析することで血中濃度の予測ができます。

 

*高いスクリーニング性

 n=3での試験が可能となったため、スクリーニング性が向上しています。

 

*カートリッジ内の視覚的な確認が可能

 チャンバーのボリュームを問わず、カートリッジ内の視覚的な確認が容易になりました。

 カメラを設置することで動画として、経時的な変化の記録も可能です。

 

*Rainbowとの接続

 Rainbowと接続することでチャンバー内の測定をin-situで行うことが可能となりました。

 最短2秒間隔での測定が可能なため、製剤投入直後の変化の確認に非常に有効です。

 

仕様

寸法:幅 600mm x 奥行 360mm x 高さ 350mm

重量:12kg

電力:100V / 2A

関連論文

In vitro model for predicting bioavailability of subcutaneously injected monoclonal antibodies

Glatiramer acetate persists at the injection site and draining lymph nodes via electrostatically-induced aggregation

動画:Scissor Demo Video - YouTube