inForm

2層溶出試験システム

 過飽和現象に関わる詳細なデータを取得します。

 生体での吸収過程を模倣して、2層系での Dissolution 測定を可能にしました。

製品説明

*Sirius T3 の一部機能も搭載しております

 pKa 及び溶解度測定が可能です。イオン強度を 0.15 に設定し、生体内での正確な 物性値の測定を行います。

 

*過飽和現象以降の化合物状況を得ることができます

 過飽和現象の解析では、2つの手法(UV 法と電位差滴定法)を選択することが出来ます。

 過飽和現象の持続時間が求まります。

 過飽和後に起こる化合物の析出速度が求まります。

 核形成におけるメカニズム(homogeneous nucleation 或いは heterogeneous nucleation)を解明します。

 

*一層系における通常の Dissolution 測定

 人工腸液を添加することでバイオミメティックな環境下での測定を実施できます。

 

*二層系における Dissolution 測定(錠剤或いは粉末)が可能です

 溶出速度と共に有機層への化合物の移行速度が求まります。

 in vivo 吸収率予測に応用できます。

 

*難溶性化合物の in vivo 吸収率予測に応用できます

 過飽和後に起こる化合物の析出速度が求まります。

 溶出速度と共に有機層への化合物の移行速度が求まります。

仕様

寸法:150cm(幅) x 80cm(高さ) x 70cm(奥行) 

重量:75kg

電力:110V

関連論文

Definitions, variants, and causes of nonadherence with medication: a challenge for tailored interventions