Rainbow

In SituファイバーUV モニタリングシステム

 ベッセルやバイヤルなどの試験液の中にプローブを設置することで、サンプリングすることなく、最短2秒

 間隔でIn SituでのUVモニタリングが可能です。

 付属のAuPROソフトウェアには二次微分解析、Zero Intercept Method(特定の成分が他の成分の結果に

 与える影響を最小化する)などUVモニタリングの機能を最大化する機能が備わっており、従来では実現

 できなかった多くの試験を可能にします。

製品説明

*専用のプローブチップを付け替えることで幅広い濃度の測定が可能

 プローブチップは光路長が異なるものが5種類ラインナップしています。

 こちらのプローブチップを付け替えることで、0.08µg/mL~2mg/mLの範囲で濃度の測定が可能となっております。

 

*高度な分析を可能にするAuPROソフトウェア

 RainbowはAuPROソフトウェアをインストールしたPCと接続して操作します。

 AuPROは様々な分析をサポートし、マニュアルでの計算や作業を最小化します。

 主な機能は以下のとおりです。

  吸光度補正(数学的フィルタ)、ベースライン補正法、二次微分法、ZERO Intercept Method

 

*幅広い用途に対応

 Rainbowは溶出試験器(一部使用出来ないモデルがあります)で使用できるだけでなく、専用のミニバスで使用することもできます。

 また、µFLUXやMacro FLUXなど別のPion社製品との組み合わせで、膜透過試験で使用することも可能です。

仕様

関連論文

Probing the mechanism of bupivacaine drug release from multivesicular liposomes

Interlaboratory Validation of Small-Scale Solubility and Dissolution Measurements of Poorly Water-Soluble Drugs

Kinetics of drug release from ointments: Role of transient-boundary layer